ProScan Security シリーズ

ProScan enterprise for IBM Mainframes

従来のProScan for Mailserver製品をS390アーキテクチャ用にチューンアップした「IBM zSystems シリーズ」対応のアンチウイルス・ソリューションです。

機能概要

  • ウイルススキャンエンジンには、OSSで定評のあるClamAVを使用しています。
  • コマンドラインで共有ファイルをスキャンします。cron等で定期的にサーバのファイルをチェックすることが可能です。
    設定ファイルをディレクトリやユーザ毎に用意することで、毎回オプションを指定することなくスキャンが可能となります。
  • 電子メールシステムに組み込んで送受信時にリアルタイムでウイルス検知・隔離・駆除することが可能です。スパムブロック機能も有しています。
  • ファイルアクセスを監視し、リアルタイムでスキャンを行なうことも可能です。(オプション)
    カーネルモジュールのDazukoを利用し(Kernel 2.6)、特定のディレクトリのファイルアクセスをフックし、スキャンします。

  • モジュール本体のアップデートが可能なため、常に最新版のモジュールを利用できます。
  • スキャン結果をメールで送信することが可能です。
  • ウイルス定義ファイルを、自動的にアップデートし、最新のウイルスから常に保護された状態に保ちます。
  • mbox形式のメールスプールのスキャンも可能です。
  • アーカイブファイルのスキャン : ZIP, ZIP SFX, ARJ, TAR, GZip, 7zip, CAB, PDF, TNEF, RAR, JAR, UUEncoded,…など、殆どすべてのアーカイブタイプのファイルを対象に感染ファイルを検出・駆除します。
  • スキャンをさせたくないファイルやスキャンをさせたいファイルだけを指定することが可能です。正規表現によるマスク指定で行います。
  • ディレクトリを再帰的にスキャンすることが可能です。
  • syslogの出力機能を有しており、ログ管理アプリ(例:別売予定のProLog等)の利用が可能です。

ハードウエア要件

ProScan Enterprise for IBM mainframesは、以下のシステムでのみ動作します。

  • IBM zSystems シリーズ(z10,z11,z114,z196,zBC12,zEC12 他)

ソフトウエア要件(OS対応)

対応OSは、Linuxのみとなっています。アーキテクチャはs390対応です。

  • RedHat Enterprise Linux 4(※お問合せ下さい)
  • RedHat Enterprise Linux 5~7
  • Novell SUSE Linux Enterprise Server 10~12