ProScan Security シリーズ

ProScan for Mailserver (AntiVirus / AntiSpam)

メールサーバにインストールして使用する、SMTPトラフィック用のアンチウイルスソフトウエアです。
各種OS、MTAに対応しており、サーバ上で送受信されるメールのウイルスをリアルタイムで駆除します。
オプションとして、送信元MTAのドメイン名識別方式(S25R方式)を採用したアンチスパム機能を備えています。

機能概要

  • ドメイン数・アカウント数はメールの送受信が行われる度に、自動カウントされます。ライセンスの規定数を超えた場合、ワーニングメッセージが出されます。 ただし、スキャンは規定数を超えたメールに対しても行います。
  • 簡易コンテンツフィルタリング機能搭載(サブジェクト、MIMEタイプ、添付ファイル名添付ファイルサイズに対して可能)
  • ProScan本体のアップデートを自動で行ないます。常に最新版のモジュールを利用することが可能です。
  • LicenseViwerにより、現在管理しているドメイン数・ユーザ数を表示することが可能です。
  • コンパクトなサイズで高速スキャンを実現しました。
  • マルチプラットホームに対応してリアルタイムにウイルス駆除します。
    対応OS:Linux, FreeBSD, Solaris(Sparc)
    対応MTA:Postfix, Sendmail, Qmail, Sendmail+Libmilter, Postfix+milter
  • プログラムサイズが約800KB~1MBと小さく、インストールが簡単です。
  • ウイルス定義ファイルを、自動的にアップデートし、最新のウイルスから常に保護された状態に保ちます。
  • アーカイブファイルのスキャン : ZIP, ZIP SFX, ARJ, TAR, GZ, ZOO, TNEF,LZH(+LHA), LZH(+LHA) SFX, RAR, JAR, ACE, UUEncoded, ・・・・・など、殆どすべてのアーカイブタイプのファイルを対象に感染ファイルを検出・駆除します。
  • 設定ファイルは1個のファイルのみのため、コンフィグレーションが容易。
  • グループ単位で検知・処置等のカスタマイズが可能です。受信者メールアドレスによるグループで検知するしない、あるいは検知後の処置方法などの設定が出来ます。
  • ウイルス検知時に受信者や管理者にワーニングメールの送信設定が可能。メッセージは各国語に対応し、カスタマイズも可能です。
  • ローカルファイルシステムのウイルススキャンも可能。
  • 標準装備のWebminモジュールにより、Webページによる設定操作が行えます。

メールシステムとの統合

ProScanは、メールのウイルスチェックを行い、フィルタリングすることだけを目的として開発されています。メールの受信と配送を行うメールエージェントとしての機能は備えておりません。メールエージェントとしての機能は、サーバにインストールされたメールシステムが行います。ProScanは、各種MTAと統合することによりメールのウイルスチェックを実現しています。 以下に、代表的なMTAとProScanの関係をブロック図で表します。

メールシステムとの統合イメージ

アンチスパムオプションの特徴

  • 送信元MTAのドメイン名からspamメールの特徴を抽出し、判定します。(S25R方式)
  • RBLによる判定機能搭載。RBLサイトへの問い合わせを行い、spamを判定します。
  • DRAC DBによる、ホワイトリスト判定が可能。POP before SMTPを導入されているMTAをご利用の場合、そのDRAC DBがご利用いただけます。
    ※但し、DBによっては利用できない場合がございます。その場合はご相談ください。
  • グレイリスト方式を採用し、spamメールを拒否することが可能です。(spamでなかった場合は再送による2回目の受信で取り込みます)
    ※但し、PostfixのAfter queue filterでは利用できません。
  • spam用WBL機能搭載。あらかじめわかっているspam発信MTAやspamとして拒否したくないMTAを登録可能です。ホワイトリストの場合、spam判定後の救済として最後に評価されます。
  • Subjectのパターマッチング機能搭載。Subjectに含まれる文字列でspamと判定することが可能です。
    (例:「未承諾広告※」等)
  • spam判定は2段階。(low=特徴抽出によるもの、high=RBL,Blackリスト,Subjectによるもの)
  • spamと判定したメールを配送する場合は、Subjectやヘッダに文字列の追加が可能。ヘッダにspam判定結果を追加し、メーラの振り分け機能でspamメールを振り分けることができます。
  • spamメールを配送しない場合は、通知メールを受信者に通知可能。
  • spam判定は、ProScanのグループ単位に導入可能。
  • ProScanに内蔵された機能のため、アンチウイルスとアンチスパムが同時にチェックできます。
  • 注 意
    今回のアンチスパム機能は、正しく設定していただくことにより、かなり高い確率でspamと判定することが可能です。 しかしながら、スパムメールかどうかは、受信する人によって変わってくる場合がありますし、スパムかどうかの判定も100% というわけではありません。その点はご了承ください。

ハードウエア要件

  • ProScan for Mailserverを利用するには、以下の要件を満たすシステムが必要です。
    Intel Architechtureまたはそれと同等の性能を持つ1.6GHz以上で動作する32bitプロセッサ
    1GB以上のRAM
    HDDに1GB以上の空き容量

ソフトウエア要件(OS対応表)2017.7現在

次のいづれかのOS

  • Linux
    対応ディストリビューション:
    RedHat EL(バージョン5以降)
    CentOS(バージョン5以降)
    SuSE Linux ES(バージョン10以降)
    Debian GNU Linux(バージョン6以降)
    Ubuntu(server)(バージョン12.04以降)
    …等、glibc-2.2以上を利用しているディストリビューション
    ※64bit環境で動作させるには32bit互換ライブラリが必要となります。
  • FreeBSD(バージョン6.2以降)※7以降は未サポート
  • Solaris(SPARC版バージョン10)※11は未サポート

次のいづれかのメールシステム:

  • Sendmail(バージョン8以降)
  • qmail(バージョン1.03)
  • Postfix(バージョン2.1以降)
  • Sendmail libmilter(バージョン8.12以降)
  • Postfix milter(バージョン2.3以降)

その他のソフトウェア:

OS/MTA対応表

ProScanの対応OSとMTAの表を以下に示します。

  Linux(i386) FreeBSD Solaris(sparc)
Sendmail
Sendmail Libmilter
Qmail
Postfix
Postfix milter