ProScan Security シリーズ

ProScan for Filescanner

ファイルサーバにインストールして使用する、アンチウイルスソフトウエアです。
各種OSに対応しています。
コマンドラインでファイルシステムのスキャンを行うモジュールに特化したコンパクトなソフトウエアで、軽快な動作で定期的にファイルをチェックします。

機能概要

  • ご好評頂いていますProScanアンチウイルスから、コマンドラインでファイルシステムのスキャンを行うモジュールを抜き出したProScan for Filescannerをリリースしました。
  • コマンドラインでファイルをスキャンできるため、cron等で定期的にサーバのファイルをチェックすることが可能です。また、設定ファイルをディレクトリやユーザ毎に用意することで毎回オプションを指定することなくスキャンが可能となります。
  • スキャンはProScanと同じエンジンを利用しています。
  • プログラムサイズが約1MBと小さく、インストールが簡単です。
  • ウイルス定義ファイルを、自動的にアップデートし、最新のウイルスから常に保護された状態に保ちます。
  • mbox形式のメールスプールのスキャンも可能です。
  • アーカイブファイルのスキャン : ZIP, ZIP SFX, ARJ, TAR, GZ, ZOO, TNEF, LZH(+LHA), LZH(+LHA) SFX, RAR, JAR, ACE, UUEncoded, ・・・・・など、殆どすべての アーカイブタイプのファイルを対象に感染ファイルを検出・駆除します。
  • スキャンをさせたくないファイルやスキャンをさせたいファイルだけを指定することが可能です。正規表現によるマスク指定で行います。
  • ディレクトリを再帰的にスキャンすることが可能です。
  • ウイルス検知時にファイルを削除、移動、検知のみの動作を指定可能です。
  • 64bitネイティブ対応。

ハードウエア要件

  • ProScan for Filescannerを利用するには、以下の要件を満たすシステムが必要です。
    Intel Architechtureまたはそれと同等の性能を持つ1.6GHz以上で動作する64bitプロセッサ
    1GB以上のRAM
    HDDに1GB以上の空き容量

ソフトウエア要件(OS対応表)2019.11現在

次のいづれかのOS

  • Linux
    対応ディストリビューション:
    RedHat EL(バージョン6以降)
    CentOS(バージョン6以降)等のRHEL互換ディストリビューション
    SuSE Linux ES(バージョン10以降)
    Debian GNU Linux(バージョン8以降)
    Ubuntu(server)(バージョン14.04以降)
    AmazonLinux2 (2.0.20210126.0x86_64で検証済み)
    …等、glibc-2.4以上を利用しているディストリビューション

    ※CentOS/AlmaLinux/MiracleLinux等のRHEL互換各ディストリビューションに関しましては、各開発元プロジェクトの標準サポート期限内においてRHELと同様にサポート対象とさせて頂きます。

その他のソフトウェア:

 

ProScanの性能に関わるサポートについて

ProScanがインストールされるすべてのハードウェア・ソフトウェア環境において、どのような運用に対しても、本ソフトウェア製品もしくはマニュアル記載の機能がお客様の特定の目的に適合することを保証するものではありません。
スキャンに必要な時間はスキャン対象のファイル種別やアーカイブファイル、破損ファイル等の有無、スキャンの実施方法などの環境に起因する諸条件により大幅に異なるため、特定の環境において掛かる時間の目安を事前にお問い合わせ頂いても回答は致しかねます。
ご購入前に評価ライセンスを使用して、十分な検証を行うことを強くお勧めいたします。
スキャン設定の変更などによる実行時間改善のアドバイスも含めたサポートも行いますので、ご不明な点がございましたら弊社テクニカルサポートまでお問い合わせください。