ProScan製品に関するFAQとなります。
こちらに記載された情報で問題が解決しない場合は、問い合わせページからメールもしくはフォームにてお問い合わせ下さい。


ライセンス・一般的な問い合わせなど

c Expand All C Collapse All

基本的には、その製品に対する有効な期限内のライセンスをお持ちであれば、そのライセンスが有効な期間において製品が動作しなくなることはございません。

ただしProScanはアンチウィルス製品であり、新たなマルウェアへの対策のために定期的(通常は毎日)更新されるウィルス定義ファイル(VDF)と組合わせて動作致します。

このVDFはエンジン提供元よりリリースされますが、弊社では利用者にこのVDFを配信する前に、製品においてサポートされているエンジン並びにOS環境において、動作エラーや異常動作が見られないか検証を行って、こちらをパスした場合のみリリースするようにしております。「サポート期限が終了した製品バージョン」のProScanはこの事前検証の対象から外れるため、検証済みのVDFをご利用の場合であっても動作異常等が発生する可能性が無いとは断言できません。

さらに、それらの動作異常を含む事象・問題などについて弊社テクニカルサポートにお問い合わせを頂いた場合、その問題を解決する為に「バージョンアップを行って頂く」という事を、最終的な解決策として回答提示させて頂く場合がございますので、その旨ご了承下さい。

はい、可能です。現行ライセンスの価格と追加後のライセンスの価格の差額をベースに下記の計算に基づく追加費用を負担していただくことにより、アップグレード・ライセンス(追加後のライセンス)の新しいキーを発行いたします。
(更新期限は現行ライセンスの期限と同じ日です。)
[追加費用計算方法]
アップグレードライセンスの価格と現行ライセンスの価格の差額をα円とした場合、α円の半額(50%)プラスα円の半額を現行ライセンスの残存有効期間月数割りで計算した金額の合計が追加費用となります。
α x 1/2 + α x 1/2 x 月数/12
例:現行ライセンスを4ヶ月前に購入(残存有効期間8ヶ月)し、ここでユーザ数を追加(アップグレード)したい。現行ライセンスの価格とアップグレード後のライセンスの価格との差額が120,000円の場合。
120,000 x 1/2 + 120,000 x 1/2 x 8/12 = 100,000円

いいえ、MTAおよびOSの変更に対しては、追加費用無しで変更使用することが出来ます。ただし、かならず変更前・変更後のOS/MTAをご連絡ください。OSの変更の場合、ライセンスキーの変更が必要になる組み合わせがあります。その場合は現行ライセンスの有効期限と同じ期日を持った新しいキーを無償で発行いたします。

お問い合わせ内容に関係する事象に応じて、あらかじめこちらのサポート情報ページをご参照の上ログを取得・確認しておいて頂けると、事象の確認及び原因の究明が容易となりますので是非ご参照下さい。
また、本WEBサイトの「お問い合わせ」からリンクしております「技術お問い合わせフォーム」から問い合わせ頂きますと、製品種別やOS環境等のサポートに必要な情報を漏れなく入力して頂く事が可能ですので、こちらも是非ご活用下さい。

はい、用意しております。通常価格の50%OFFとなっております。

ProScanのインストールについて

c Expand All C Collapse All

ProScan for Power Systems(AIX)の導入に際しては、IBMが提供しているLinux互換のOSSパッケージである「AIX Toolbox for Open Source Software(以後Toolbox、https://www.ibm.com/support/pages/aix-toolbox-open-source-software-overview)」に含まれるGNU wget/GNU tarコマンドの事前導入を推奨しています。※1

※1:wgetについてはInternetから直接、もしくはローカル更新サーバから等のネットワーク経由の方法で、ウィルス定義ファイル(VDF)の更新を行う場合は導入が必須となります。GNU tarコマンドについては有効なパス上にコマンドが存在しない場合、ProScanのインストールスクリプトがラッパースクリプトを生成しますので必須ではありません。

Toolboxからは、Linux互換のパッケージ管理ソフト形式である「RPM(.rpm)」形式でパッケージのダウンロード、あるいは導入対象のサーバがインターネットからファイルをダウンロード出来る場合は、RPMを利用したパッケージ管理システムである「dnf」を使ったパッケージの導入・更新が可能です。

ToolboxによるOSSコマンド導入の方法、並びにパッケージ管理の方法については、上記ToolboxのWEBサイトから個別にRPMパッケージを導入するか、もしくはIBMのAIXドキュメントページ(AIX7.3版-https://www.ibm.com/docs/ja/aix/7.3?topic=aix-adding-open-source-applications-your-system、及びhttps://www.ibm.com/docs/ja/aix/7.3?topic=packaging-installing-variously-formatted-software-packages)をご参照下さい。

なお、Toolboxによって導入された各種コマンドは、AIXのOSSコマンドの導入パスである”/opt/freeware/bin”等に配置されます。OS標準のコマンドではなくToolboxによって導入されたコマンドを明示的に実行する場合はフルパス(wgetだったら”/opt/freeware/bin/wget”のように)で呼び出すようにして下さい。

必要ではありません。オフライン環境のサーバでもProScanを導入して頂くことが出来ます。

また、最新のウィルス定義ファイル(VDF)を手動でファイルコピーして所定のディレクトリに配置する事でVDFの更新を行うことも可能ですので、導入の際に弊社、もしくは代理店までその旨お知らせ下さい。

スキャンについて

c Expand All C Collapse All

ProScanにおいてファイルがスキャン出来ない(scan resultにerrorとしてカウントされる)場合は、幾つかの原因が考えられます。

  1. OSのデバイスファイル/システムファイル等の特殊なファイルである
  2. データベースのデータファイル等、他のプロセスなどでロックが掛けられている
  3. ProScanのスキャナー(proscanfs)の実行ユーザーに、該当ファイルの読み取り権限が与えられていない

対象のファイルがどのようなファイルかを確認し、除外対象に加えるか、権限を適切に設定する等の対応を行って下さい。

なお、2に含まれる「データベース」のデータファイルにつきましては、ほとんどのDBベンダーはパフォーマンスや動作上の問題を回避するため、セキュリティソフトのスキャンから特定のファイルを除外するよう求めています。お使いのDB製品のマニュアルやサポート情報をご確認下さい。

ProScanのスキャナコマンドであるproscanfsでは、OSに対する優先度(nice値)を通常よりも下げて実行しています。

この為、他の常駐プロセスがほとんどない環境ではCPUを空いている分だけ使用しますが、より優先度の高いプロセスが実行されている場合はnice値の設定に応じて自動的にCPUリソースが低く割り当てられますので、他のプロセスへの影響は極力低くなるようになっています。

OSのrootユーザーはこのnice値を通常よりも上げ、優先度をより高く設定することが可能ですので、必要に応じてOSのniceコマンドを使って設定変更を行って下さい。

「EICAR Standard Anti-Virus Test File」をご利用頂けます。
このファイルは非営利団体EICAR(European Institute forComputer Antivirus Research)が策定したもので、68バイトの文字列が記載されたテキストファイルの形で利用されます。(さらに詳細を知りたい方は、https://www.jpcert.or.jp/tips/2009/wr093901.htmlをご覧下さい)

ファイルの入手はEICARのWEBサイトから、「Download Anti Malware Testfile」のロゴ画像のリンクに移動して行えます。テストファイルそのもの、あるいはZIP圧縮した形式でもダウンロード可能です。

また同ページには、中身となる「68バイトの文字列」も記載されていますので、直接インターネットに繋がらない環境等でも、テキストエディタ等で新規にテキストを作成し、該当の文字列を書き込むことでテストファイルとして利用することも可能です。

なお、「EICAR Standard Anti-Virus Test File」は弊社ProScan製品のいずれでも検出が可能です。

バージョンアップについて