ProScan Security シリーズ 管理ツール / アップデートサーバ

ProScan管理ツール (PSMT)

機能概要

ProScan管理ツール(PSMT)は管理サーバにインストールし、複数のサーバにインストールしたProScanアンチウイルスを一括管理するツールです。

Webサーバ上で動作するCGIプログラムと、各管理対象サーバのエージェントと通信するマネージャから構成されています。

CGIプログラムは管理者とのUIとして機能し、CGIは管理者の指示に従いマネージャを介して各ProScanサーバのエージェントと通信を行います。

psmtイメージ

PSMTは管理対象サーバの状態を表示し、管理対象サーバに対して以下の様な操作を行います。

  • ライセンス管理
  • 更新ファイルの反映(アップデートサーバ機能)
  • スキャンの実行指示、スケジュール設定
  • 設定ファイルの反映
  • ロールバック

管理対象製品

  • ProScan enterprise for IBM Mainframes
  • ProScan for IBM PowerSystems (AIX)
  • ProScan for IBM PowerSystems (Linux)
  • ProScan IA Linux EP

ソフトウエア要件(OS対応)

PSMTは以下のサーバ上で動作します。(仮想環境でも動作します。)

  • 各種Linux(アーキテクチャとしてx86_64、s390x、ppc64leのみに対応)
  • AIX7

ミドルウェアとして以下のものが必要です。

  • Webサーバ(Apache2.4を推奨:Apache以外の場合にはインストールスクリプトでのインストールはできません。)
  • Perl5.8以降
  • PerlモジュールのCGI.pm
  • wget
  • GNU tar

ProScan UpdateManager (PUM)

機能概要

ProScan UpdateManager (PUM) は、アップデートサーバ構築用のプログラムで、複数のサーバにインストールしたProScanアンチウイルス向けのアップデートデータをローカルサーバ上で提供するためのシステムです。

ProScanは通常、モジュール・エンジン・ウイルス定義ファイルのアップデートをインターネット経由で実施しますが、インターネットに直接アクセスできないProScanシステムを構築している場合のために、個別の環境で同じようにアップデートの仕組みを提供することが可能です。

尚、ProScan管理ツール(PSMT)には本ツールの機能が含まれています。

アップデート配布対象製品

  • ProScan enterprise for IBM Mainframes
  • ProScan for IBM PowerSystems (AIX)
  • ProScan for IBM PowerSystems (Linux)
  • ProScan IA Linux EP

ソフトウエア要件(OS対応)

PUMは以下のサーバ上で動作します。(仮想環境でも動作します。)

  • 各種UNIX(アーキテクチャには依存しませんが、AIX環境では手動でのセットアップが必要となります。)

ミドルウェアとして以下のものが必要です。

  • Webサーバ(Apache2.4を推奨:Apache以外の場合にはインストールスクリプトでのインストールはできません。)
  • Perl5.8以降
  • wget

ProScan UpdateManager for Windows

機能概要

Windowsサーバをアップデートサーバとして利用するためのプログラムです。ProScan UpdateManager (PUM) と同等の機能を提供します。

アップデート配布対象製品

  • ProScan enterprise for IBM Mainframes
  • ProScan for IBM PowerSystems (AIX)
  • ProScan for IBM PowerSystems (Linux)
  • ProScan IA Linux EP

ソフトウエア要件(OS対応)

  • OS:Windows Server 2012/2012R2/2016/2019の日本語版各エディション(Server Coreのみでの利用は想定していません)
  • .NET Framework 4.5以上のランタイム導入が必要
  • IIS/Apache for Windows等のHTTPサービスソフトウェア